置き換えダイエットの方法

置き換えダイエットの方法

置き換えダイエットとは、朝昼晩の3食のうち、
1食〜2食をダイエット食品に置き換えるダイエット法です。

1食を置き換えるのが、無理なく
ダイエットを続けられるので多く実践している方が多いです。
時間帯は、置き換えて特に効果的なのは夜です。

夕食の後は、特にカロリーを消費するような運動はしない場合が大半ですし、
食べ物を消化しきれないまま寝ることで脂肪が蓄積されてしまいます。

夕食を置き換えることによって一番痩せやすいのですが、
3食のうち、一番辛いのも夜の置き換えかもしれません。
夕食の置き換えで挫折しそうな場合、昼食を置き換えるといいでしょう。

しっかりと朝食を摂るようにし、お昼を置き換えます。
1日のトータルで見て、摂取カロリーが
目標値に合っているのであれば、おやつを摂っても良いのです。

ダイエット中の摂取カロリーは、年齢や運動量によって異なります。
例えば、18歳から29歳の平均的な運動量の場合、食事目標 1400kcalです。

カロリーの配分は、使うダイエット食品によっても異なります。
例えば朝食を600キロカロリー、昼を置き換えダイエットで200キロカロリー、
おやつを100キロカロリー、夜を500キロカロリーなどと配分を決めておけばいいのです。

置き換えダイエットは、置き換えた以外の食事も大切です。
置き換えダイエットを実践したのでお腹が空いて
ドカ食いしたのでは、意味はありません。

むしろ、太ってしまう原因になります。

無理しすぎないように配分を考えればさほどつらくなく、
スリムなボディを手に入れることができます。